返済方法について

返済方法についてご説明します



銀行は基本的には自動引き落としですが、消費者金融の場合ATMからの返済も可能です。
そして、どちらも繰り上げ返済や追加返済が可能です。


本審査について

本審査についてご説明します



まず、申込者の継続年数や収入やまたはそれまでの貸入れ金返済状況などが審査の基準とされています。
そして特に、銀行ではさらに厳しくなっていて、融資をしても大丈夫と判断された人に対して、融資がおります。

本人確認について

本人確認についてご説明します



マイナンバーカードや運転免許証など、公的書類を用意しておきましょう。
例えば、氏名や生年月日や顔写真や住所などが記載されているもの

申し込み方法について

申し込み方法についてご説明します




銀行からの融資は、ほとんどインターネットから可能になっており、仮審査も約2日~3日でおりています。
そして、消費者金融へ申し込む場合は、電話や郵送や店頭が主な方法です。
初めての場合は店頭で申し込むことをお勧めします。

必要書類について申し込みの流れ

必要書類について申し込みの流れについて



最初にローンの申し込み方法は、融資先によって多少異なることがあります。


例をあげると、

融資を受けるにあたって口座の開設がある銀行


収入が確認できる公的な書類の提出が必要な銀行


自営業者や主婦やアパートやアルバイトの方は、申し込みができない銀行


などです。


そして銀行では、申込者の年齢を20歳以上65歳未満と設定し、そして安定した継続収入を求めていることが多いです(年収200万円以上)
その一方、消費者金融は、金利が高くなる分、条件も緩いという傾向にあります。
乗り換えローンやおまとめローンには保証人が不要で、手続き費用や口座開設費用なども一切かかりません。
では、どこへ融資を申し込めばいいのかという判断基準ですが、手続きが簡単なほうがいいのか、
あるいは金利ができるだけ低いほうがいいのか、自分が優先する基準の判断材料としてください。
そしてまずは、複数の銀行や消費者金融のサイトで、借り換えローンやおまとめローンといった融資を確認し、
それと同時に、金利や返済方法や条件などを比較するといいでしょう

返済方法について

返済方法についてご説明します




返済方式は、融資を提供している各金融機関で異なりますが、消費者金融はATMからの返済も可能です。
そしてさらに、繰上返済や追加返済もできます。

返済期間について

返済期間についてご説明します



融資を提供する金融機関によりますが、返済回数を最長120回あるいは返済期間を最長10年、
または、1年ごとの自動更新が基本となりますので、最長10年間で返済をしなければならないという事を目安にしてください。

最低返済額について

最低返済額についてご説明します



元金同額返済方式とは

元金の毎月同額返済となるため、リボルビング方式よりも返済が早まり、返済総額も抑えられます。
なので、毎月の返済額はリボルビング方式より多くなります。
(元金は変わらずに、毎月の利息がローン残高あるいは、利用限度額の高いほうの120分の1程度)


残高スライドリボルビング方式とは

こちらは、残高に合わせたリボルビング払いなので、残高が少なくなるほど毎月の利息支払い額も減っていきます。
ただし、毎月の支払いが少ない分、返済期間が長くなるため利息支払い額、つまり返済総額も元金同額返済方式より最終的に多くなります。
(利用残高によって返済額を計算する〉


のどちらかを設定している機関に分かれます。



金利について

金利についてご説明します



金利は、年利1.59%~18.0%という感じで幅広く設定されています。
これはあくまでも審査によって決定されます。
申込者の状況や金額などによって金利は大きく異なります。
そして、傾向としては、審査が厳しい分、消費者金融よりも銀行のほうが低くなっています。
ですが、たとえ金利が低くても、残高スライドリボルビング方式を採用していると、返済期間が長くなり、
結果的には、返済額が多くなる可能性がありますので、金利を調べる時には、返済方法のチェックも必要です。